コンテンツへスキップ

「2024年(14期生)司法通訳養成講座」は5月11日(土)から開講します。

通学受講できる人数は限られていますので、まだ申込をしてない方は、お急ぎください。途中参加は可能です。

「司法通訳養成講座(全コース)」受講のメリット

●司法通訳人に必要な法律知識・技術・倫理を得ることができる。

●優先的に弁護士との交流会に参加ができる。

●「司法通訳技能検定試験-少数言語」の受験が確保できる。

●「司法通訳技能検定試験-1」の出願資格を問われず「2級」と「1級」併願ができる。

●「実力判定試験Ⅰ(本試験「法律問題」事前受験)」に参加できる。

●「実力判定試験Ⅱ(本試験「法律問題」事前受験)」に参加できる。

●【司法通訳士認定試験】の出願ができる

●最速1年以内に「司法通訳士」資格取得できる。

※【実力判定試験(本試験「法律問題」事前受験)】の仕組み

 司法通訳技能検定試験(2~4級)の法律問題と同じ形式、時間で行い、実力を判定します。実力判定試験の受験は、義務ではありませんが、これを受験したうえで検定試験を受験した場合は、法律問題につきいずれか高い点数で検定評価が行われます。実力判定試験は2回とも受験することができます。

司法通訳養成講座

2024年度・司法通訳養成講座を5月11日(土)から開講いたします。
昨年度同様、本年度も、教室とZoom、DVDを併用したハイブリッドで開催しています。

3月1日からお申込みを受け付けております。

ご興味のある方はぜひご参加ください。

司法通訳養成講座

本年実施された司法通訳技能検定試験の結果を発表いたしました。

次のリンクよりご覧いただけます。

2022年度・司法通訳技能検定試験・結果発表

諸事情により結果の発表が遅れましたことをお詫びいたします。

JLIA事務局

2022年司法通訳士認定試験につきましては、新型コロナウイルス感染症蔓延の状況にかんがみて、実施しないことを決定いたしましたので、お知らせいたします。

なお、司法通訳技能検定試験については通常通り実施いたします。 

2022年9月8日

司法通訳士認定試験実施委員会