コンテンツへスキップ

2020年度 司法通訳技能検定試験の第1次募集は、
6月22日をもちまして、締め切らせていただきます。

第2次募集につきましては、言語指定での募集となります。

今年度の募集言語については、後日発表いたします。

2020年5月21日、当連合会は、創立11周年を迎え、「司法通訳養成講座」のテキストを一般販売を開始いたしました。

詳細は、下記のページをご覧ください。

当会の出版物

本年度は、新型コロナウィルスの影響で例年に比べ大幅に募集開始が遅れましたが、2020年度の司法通訳技能検定試験の第1次募集(全言語対象)を開始いたしました。

詳細は、下記のページをご覧ください。

2020年度・司法通訳技能検定試験・第1次募集

新型コロナウイルス蔓延のため、外出自粛要請等が発令されております。

当連合会で、5月9日から開催が予定されている司法通訳養成講座につきましても、開催日程の延期、開催方法の変更等をすることといたしました。

詳細については、追ってご連絡いたしますが、5月9日については延期としたうえ、「zoom」によるリモート講座の形式で開催することを検討しております。

2020年度の司法通訳養成講座の受講生募集を開始しました。
詳細は下記のページでご確認ください。
↓↓↓↓

司法通訳養成講座のページ

今年、日本初の「司法通訳士」が誕生します!!

そこで、当連合会では、これを記念し「司法通訳士認定式」と「記念イベント」を開催することといたしました。この記念すべき日に、多くのみなさまにご参加をいただけると幸いです。

記念イベントの概要……


<記念講演>

「日本の国際化と今後の司法の在り方」

元検事で、現在は弁護士をしておられます 市川 寛 先生の講演です。「検事失格」(新潮文庫)の著者で、最近メディアへの出演も多い市川先生に、ますます国際化してゆく日本で司法の在り方はこのままでよいのか、という大きなテーマについてお話していただきます。

「司法通訳人は自分をどう守るべきか?」

司法通訳で、当連合会の代表理事である 天海 浪漫 代表による講演です。実務での経験を踏まえ、司法通訳人はどうすれば自分を守ることができるのか、自分をどう守るべきなのか、という実践的な問題について講演します。

<座談会>

「初回受験で合格を勝ち取ったわたしの勉強法」

当連合会の司法通訳技能検定試験は、今年で10回目を迎えました。そこで、これを記念し、今年「1級」「2級」に初めての受験で合格された合格者の方をお招きして、勉強法や試験の準備などについてお話を伺いたいと思います。日本語を母国語とする方、外国語を母国語とする方の双方の合格者にお出でいただき、それぞれの勉強上の苦労や工夫などについてお話いただく予定です。すでに司法通訳技能検定を受検されている方だけでなく、これから受験しようと考えている多くの方の参考になるお話をいただけるものと思います。また、合格者の方々への会場からのご質問も受け付け、気軽に情報交換のできる率直な機会にするつもりでおります。


イベントの詳細につきましては、下記のページでご確認いただけます。

また、参加のお申込みも、同ページの申込みフォームから行うことができます。
↓↓↓

第1回・司法通訳士認定式と記念イベント

司法通訳技能検定を受験する皆様へ

台風19号の影響により、本年度の司法通訳技能検定を予定どおり実施することが困難となりました。つきましては、実施日、当日のスケジュール等を次のとおり変更することといたしました。

1級の検定試験について

12日(土)に実施が予定されていましたが、延期し、
14日(月)に実施いたします。
会場については、個別にメールにてお伝えいたします。
当日のスケジュールは下記のとおりです。

2級の検定試験について

予定どおり、13日(日)に実施いたします。
ただし、台風通過後も交通の混乱が予想されますので、
開始時間を遅らせることとしました。
当日のスケジュールは下記のとおりです。
会場に変更はありません。

3・4級の検定試験について

予定どおり、14日(月)に実施いたします。
ただし、同日、1級の検定試験を実施する都合上、
休憩時間を15分、短縮させていただくこととなりました。
ご了解のほどお願い申し上げます。
会場、開始時間については、変更はありません。
当日のスケジュールは下記のとおりです。

なお、試験当日の緊急の連絡は、090-9368-1258 にお願いいたします。